- FX口座開設とFX情報商材について検証するブログ

FX口座開設とFX情報商材について検証するブログ ホーム » 

FX海外口座開設について

FXの口座開設先は次の3通りあると思っています。

大きく分けてです。

①国内FX口座
②自動売買(EA)とのタイアップ口座
③海外FX口座

このうち、最も使えないのが①国内FX口座です。

理由は簡単でスプレッド極小で顧客を呼び込みつつも
実際にはノミ行為を行っているからですね。

ようは宣伝がうまいだけということになります。

次に②ですが、これは結構使えます。

なぜかというと、使えないEA・勝てないEAとタイアップしても
FX業者はもうかりません。

それどころか、信用を失ってしまいます。

だから、FX業者は必至に勝てるEAを探しますし、
顧客を呼び込むのに一生懸命です。

逆に言うと、この視点を利用して、EAタイアップ業者に
口座開設するのも一つの方法といえますね。

最後に③ですが、
これは海外FXです。

海外FX口座は日本の金融庁の規制を受けていませんので、
レバレッジ規制がありません。

日本政府は税金が欲しいし、天下り先が欲しいので、
ぶっちゃけ、国内FX業者を守っています。

顧客(個人トレーダー)ではなく、業者を守っています。

海外ではそのようなことはありませんし、
その上、サービスレベルは国内の村社会FXとはグローバルレベルの桁が違います。

しかし、FX海外口座は残念ながら、英語ができないと使うのが難しいのです。

ところがどっこい、日本語対応が完璧のXMという、海外口座の評判が最近は大人気です。

参考記事:XMの口コミ評判|ゼロカットとスプレッドの関連性